「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年6月号 サワラ

 春の魚といえば北海道の代表は春告魚のニシンだが、全国的には文字通り魚へんに春の鰆(サワラ)だろう。まさに春が旬。そう言えば最近スーパーなどの生鮮コーナーにサワラの刺し身が並んでいる。いまでは回転寿司でも食することができるし、すっかり道民にも馴染み深い魚になってきた。 サワラの語源は、狭腹(さはら=さわら)と呼ばれたことからくる。ただ、決して小さな魚ではなく、1㍍以上成長するものもいる。幼魚の時期をサゴシ(狭腰)と呼ぶ地方もあり、魚に春と書くのは産卵期が春であることや食べては春が旬だからと考えられる。 カツオ、スマなどの仲間でサバ科に属する。そういえば体側にいずれも縦や横の黒色班が並んでいるのがこの魚族の特徴。背中の部分から尾にかけて点々と並ぶのがサワラ、横に並ぶのがヨコシマサワラだ。細身でやさしそうな魚だが、意外にも魚食性が強くアジやイワシにはじまりイカ、エビなどなんでも口に入れる。人間のデブ族に言わせるとこれだけ食っても痩身とはなんともうらやましい限り。そういえば本州のサワラ釣りの餌は、生きたアジかイワシに限るそう。 サワラは「刺し身の王様」という人もいて食べては造りが最高。また、白みそを使った西京漬けは忘れられないほどの美味とか。