「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年12月号 カジキマグロ

 最近海の変化には驚かされる。変化というより異変と言ってもいいかも知れない。2年ほど前からブリが釣れ出したり、マンボウが海上をポカポカと浮く遊泳を見かけたりと以前には無かった光景があちこちに。さらに最近ではジンベイザメが余市の沖合で捕獲されたり、オホーツク海の定置網にはカジキマグロが掛かったという情報があった。いずれも熱帯の海域に住む魚で北海道で見るのはやはり異常と言ってよい。そのカジキマグロ。実は、マグロ類ではない。マグロはサバ科だが、カジキマグロはマカジカ科で別種なのだ。ではなぜマグロと付いたかというと、身が見分けがつかないほど赤い色をしている上、食べてはマグロにも優るとも劣らない美味であることからきているよう。事実、カジキは刺し身や照り焼き、ステーキの料理がうまい。
 カジキ類にはクロカジキ、シロカジキ、マカジキ、バショウカジキなどがいるが、今回捕れたものは大きな脊ビレからバショウカジキのよう。カジキは釣りの最高峰ともいわれトローリングは釣り人の憧れの的。ハリに掛かった時のファイトはものすごく、何度もジャンプして逃げようとする引きはたまらない魅力だ。筆者ももう20年も前のことだが、バリ島でカジキ釣りを試みたことがあるが残念ながら3時間ほどの船上で一度もアタリはなかった苦い思い出がある。