「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 注目の企業

目の企業

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビーロット掲載号:2020年1月号

写真大 「WISE OWL HOSTELS SHIBUYA」は旅行サイトや口コミで高得点をマークする人気ホステル

写真 長谷川進一副社長と 宮内誠社長(左) 写真 宿泊者が集まり交流できる大型ラウンジスペースを設置予定

20年6月、札幌にエンターテインメントホステルを開業

 東京証券取引所1部上場の不動産ベンチャー企業。
 11年に北海道支社を設立して以来、札幌中心部では不動産取引、ニセコでは外国人富裕層向けコンドミニアム、小樽では外国人観光客向けホテルと事業を展開。地元企業との連携を図り、地域創生の一翼を担ってきた。
 15年、シンガポールに現地法人を設立すると、アジアの富裕層にアプローチ。視察ツアーを企画するなど北海道の魅力を発信してきた。シンガポールの大手デベロッパー「SCグローバル社」がニセコ・ヒラフエリアに開発中のホテルコンドミニアム「雪 ニセコ」(21年開業予定)のアセットマネジメント業務も受託している。
 次なる企画は、札幌中心部のホステルだ。札幌市中央区北7西6の中古ビルをコンバージョンし、「WISE OWL HOSTELS SAPPORO」として20年6月の開業を目指す。
 コンセプトは〝眠っている場合ではない〟。エンターテインメントの場ととらえ、札幌の夜を飽きさせない空間をつくる。1階の飲食スペースは起業支援も兼ねて横丁のように飲食店が軒を連ねる見込みだ。保有する「WISE OWL HOSTELS SHIBUYA」とのシナジーを利かせながら、アジアや欧米から観光客を呼び込む。
 宮内誠社長は「北海道経営未来塾」の東京世話人として活躍中。また、長谷川進一副社長は、北広島市出身と北海道とはゆかりがある。北海道での快進撃はまだまだ続く。

基本データ

住所:
【本社】東京都港区新橋1丁目11ー7 新橋センタープレイス10階/【北海道支社】札幌市中央区北1条東2丁目5ー2 札幌泉第2ビル4階
TEL:
【本社】03・6891・2525/【北海道支社】011・252・2320
URL:
https://www.b-lot.co.jp/

(五十音順)