「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年の決意 トップの本領
AI活用型IP監視カメラの先駆者に掲載号:2019年1月

写真大

鳴海 鼓大氏システム・ケイ社長

(なるみ・たかひろ)1958年日高管内えりも町生まれ。運輸省航海訓練所で大型帆船での数カ国の遠洋航海を経験。電力会社、ソフトウェア会社勤務を経て、91年に同社を設立。

 天性とも言うべき〝時代を先読みする力〟を持っている。
 流行する技術、必要とされるシステムを見越して開発を続けてきた。IP監視カメラの分野ではアジア圏でもトップクラスの実績を誇る。
「IT業界のトレンドはAIであり、まだまだ進化を続ける。AI技術を活用することで、IP監視カメラで全てのものを認識できる時代が来る。当社がその先駆者になる」
 IP監視カメラを活用したナンバープレート認識、人数カウント、顔認識などはすでに開発・販売中。この分野で後塵を拝するつもりはない。
 入れ替わりの激しいIT業界で、創業から30年近く社長を続ける。幾多の困難を乗り越え、信頼を積み重ねてきた。
 資本準備金を含めた資本金は、4億1000万円と道内IT業界の中でも大きい。今に追われず開発に先行投資する好循環が成長を加速させ、19年も業績を伸ばす。

(五十音順)