「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 注目の企業

目の企業

このエントリーをはてなブックマークに追加

大和ハウス工業北海道支社掲載号:2020年1月号

写真大 サッポロファクトリーなどと連結した高層ツインタワー分譲マンション「ザ・タワーズフロンティア札幌」(分譲済み)

写真 三原康展北海道支社長 写真 19年のグッドデザイン賞を獲得した「xevoΣPREMIUM」 写真 建設中のマルチテナント物流センター「DPL札幌南」の完成予想付図。(設計図を基に描き起こしたもので実際とは多少異なる場合がある)

物流やホテル運営など多角的事業で北海道経済に貢献

 国内建設業のリーディングカンパニー。注文住宅、マンション、賃貸住宅、商業・物流・医療・介護施設、ホテルなど事業領域は多岐にわたる。
「プレミスト」ブランドで知られるマンション事業は全国で9万5816戸、道内でも9243戸を供給(19年10月1日現在、プレミスト・Dシリーズ以前のモデルを含む)。19年もサッポロファクトリー直結の「ザ・タワーズフロンティア札幌」は竣工前に完売。現在もさまざまなマンションプロジェクトが進行中だ。
 注文住宅事業は「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」シリーズが好調。木造の「グランウッド」や「ジーヴォシグマプレミアム」など多様な商品を持つ。
 災害時のBCP(事業継続計画)ソリューションとして蓄電池装備も提案している。
 三原康展北海道支社長は「賃貸住宅D─roomに標準装備するなど現在、住宅新築物件の約7割に蓄電池を装備。災害対策の一端を担っていきたい」と語る。 
 倉庫用のパイプハウスで礎を築いた同社の原点ともいえるのが物流事業。18年のマルチテナント型物流施設「DPL札幌東雁来」(札幌市東区)に続き、床面積が約8000坪の「DPL札幌南」(北広島市)を媒介。20年5月に竣工する。また、ロイトンやロイネットブランドで知られるホテル事業や19年12月にJR函館駅前にホテルを含む複合商業施設「ハコビバ」を開業するなど勢いを加速する。

基本データ

住所:
札幌市東区北6条東8丁目1‐10
TEL:
011・750・3111
URL:
https://www.daiwahouse.co.jp/

(五十音順)