「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 注目の企業

目の企業

このエントリーをはてなブックマークに追加

三光グループ掲載号:2019年1月号

写真大 17年10月にオープンした「タイヤワールド館BEST清田店」の店内

写真 タイヤワールド館BEST清田店(札幌市清田区清田410-2) 写真 タイヤワールド館BEST帯広店(帯広市大通南17) 写真 タイヤセンターSANKO (札幌市手稲区西宮の沢2-1) 写真 タイヤワールド館BEST苫小牧店(苫小牧市拓勇東町8)

タイヤ専門業者としての〝北海道密着企業〟目指す

〝タイヤを生かし、未来に生きる〟をモットーに、タイヤ資源の再利用をビジネスとして循環型社会に貢献する「三光グループ」。

 同グループは「三光産業」(帯広市)、「高橋商事」(同)、「ウイングコーポレーション」(苫小牧市)の3社で構成。「リユース」「リサイクル・資源エネルギー」「販売・サービス」の3事業を総合的に展開している。

 近年、力を入れているのがタイヤ専門ショップの展開。現在は、札幌、苫小牧、帯広に「タイヤワールド館BEST」を北海道代理店として運営しており、17年10月に移転リニューアルオープンした「清田店」は大型店舗として話題となった。

「近々、アイドリングストップ車やハイブリッド車の専用バッテリーの取り扱いも始めます」とは髙橋佳夫常務。店内には国産タイヤはもちろんのこと、髙橋常務自らが中国や台湾に出向いて仕入れた新品タイヤも陳列されている。

「北海道のタイヤ専門業者として目利きした、北海道に合った確かな商品を取りそろえております」と髙橋常務。

 最近は、一般顧客はもちろん、帯広や札幌市内の企業と法人契約するケースも増えているという。

「19年も〝北海道密着企業〟として頑張ってまいります」(髙橋常務)と新年の抱負を述べる。

基本データ

住所:
帯広市大通南16丁目18番地
TEL:
0155・26・3530
URL:
http://www.tyres.co.jp

(五十音順)