「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 注目の企業

目の企業

このエントリーをはてなブックマークに追加

三光グループ掲載号:2020年1月号

写真大 美しが丘通りにある「タイヤワールド館BEST清田店」(札幌市清田区清田410-2)

写真 タイヤLIKE館真駒内店 (札幌市南区真駒内本町6) 写真 タイヤセンターSANKO (札幌市手稲区西宮の沢2-1) 写真 タイヤワールド館BEST帯広店(帯広市大通南17) 写真 タイヤワールド館BEST苫小牧店(苫小牧市拓勇東町8) 写真 職場体験で訪れた清田中学校の生徒

地域貢献・発展に尽くすタイヤ専門業者を目指す

〝タイヤを生かし、未来に生きる〟をモットーに、タイヤにおける循環型企業を目指している三光グループ。
 苫小牧と帯広、宮城県に大規模なリサイクル工場を持ち、道内外から出る廃タイヤを広域で適正処理しているほか、道内3都市で「タイヤワールド館BEST」を展開。新品から中古タイヤ、メンテナンスまで、地域密着のサービスをおこなっている。
 19年は9月14日に「タイヤLIKE館真駒内店」をオープンさせた。
「3~4年前からインターネット販売サイト『タイヤLIKE館』をスタートしていましたが、ここは店舗とECサイトとが融合する第1号店になります」と語るのは髙橋佳夫常務。
 同店では顧客がサイトで購入した商品を自宅ではなく同店まで配送。後日に購入者が来店し取りつけてもらえるというのが大きな特長だ。
 19年11月には札幌市立清田中学校の生徒が「BEST清田店」を訪れた。
「中学校の授業の一環で職場体験として来店されました。みなさん目を輝かせ、中には質問が絶えない生徒さんもおりました」と佐々木方晴エリアマネージャー。
 今後も地域貢献・発展のため、児童・生徒の体験授業を受け入れるほか、キャッシュレスにも対応するなど、時代のニーズに合った店舗づくりに務めたいとしている。

基本データ

住所:
帯広市大通南16丁目18番地
TEL:
0155・26・3530
URL:
http://www.tyres.co.jp

(五十音順)