「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > スポーツ > コンサドーレ札幌
赤黒の“レジェンド”砂川誠の“コンサの深層・延長戦”  
このエントリーをはてなブックマークに追加

岡田佑樹氏(おかだ・ゆうき)掲載号:2018年9月

写真

1983年静岡県生まれ。高校サッカー界の名門・藤枝東高校卒業後、地域リーグを経て2
003年にコンサドーレ札幌に加入。所属5年で86試合3ゴールを記録する。その後08~10年にJFL栃木SC、11・12年にJ2水戸ホーリーホックを経てJFL藤枝MYFCへ所属し、13年シーズン限りで引退。14年から札幌市内に「C2 Cafe」(西区山の手1条1丁目3 MOEビル1F)を開業した。

コンサ時代に店を出そうと思った

砂川 岡ちゃんとは、年齢は違うけどコンサドーレに入ったタイミングが同じ。でも2人とも“シャイボーイ”だったから、あんまり絡みがなかったと思う。

岡田 俺もほかの選手との交流ってそんなになかったんだけど、スナさんはそれでも絡んだほうです。

砂川 そうだっけ?

岡田 「カリー軒」(豊平区)とか行きましたね。あと、僕が初めてリーグ戦に出た帰りに、牛タンの「大野屋」(西区・閉店)に連れていってもらったこともあります。

砂川 そもそも、カフェを始めようと思ったのはいつごろから?

岡田 コンサドーレにいるころから考え始めていました。始まりは、インテリアに凝っていたから。〝引きこもり〟だったので、その代わりに部屋づくりがしたかったんです(笑)。それで参考にと思って、カフェめぐりをしているうちに。

砂川 現役のころから料理とかもしていたんでしょう?すごいよね。

岡田 結婚こそ引退後でしたが、妻とはずっと一緒に暮らしていたので、2人で料理の研究がてら、1品ずつつくってみるとか。

砂川 店はもともと札幌に出そうと思っていたの?

岡田 札幌は妻の地元でもあるので、8割がたは。栃木SC時代に、Jリーグのセカンドキャリアを支援する制度を使って、野菜ソムリエやコーヒー、紅茶の資格取得を補助してもらいました。水戸ホーリーホック時代には、妻の名義で試験的に店を出してみたんです。オープンして半年くらいで水戸との契約が満了になったので、そこで閉めたんですが。

砂川 最後は静岡で引退して、こっちに帰ってきた。

岡田 一応自分の地元も店を出せそうか確かめようと思って、1年だけ藤枝MYFCでプレーしました。

砂川 店の場所とかは自分で決めたの?

岡田 そうです。相談できる人はいましたけど、自分でどこまでできるか試したかった。料理もコーヒーを淹れるのも全部自分でやっているので、店が混んでしまうと回らないことがあります(笑)

(構成・清水)

……本誌財界さっぽろ2018年9月号(8月12日発売)にはここに未掲載の内容も満載ですので、ぜひお買い求めください。

→Webでの購入はコチラ


●著者プロフィール

1977年千葉県生まれ。2003~15年までコンサドーレ札幌にチーム最長の13年在籍。小野伸二選手とともに指導するSuna×Shinjiサッカースクール(公式Web:http://sunashinji.com)の運営、コンサのアドバイザリースタッフ、コンサユース・U-18コーチ、石屋製菓社員と4足のわらじを履く。