「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/04/28(月) 某高校の鬼畜教師

 女子生徒、同僚教師、元妻、部下の女性教師……数々の女性問題を抱えた男性教師が、いまも某高校の教壇に立っている。もちろん、学校側はその事実を把握しているが、それを隠蔽し、かつ重要な役職に就けているという。保護者からするとたまったものではない。まさに怒りの告発。以下要旨。原文は実名。

<S高校についての話なのですが、同校に勤めているT・Y教諭についてです。

T・Y教諭は、当時中学生であった女子生徒との間に、本校の教室で挿入まではしなかったものの、とても言葉にはできないような性的な行為に及んでいたようで、1度でも許されることではないですが、驚いたことに何度も行為に及んでいたそうです。
生徒には飽き足らず、同じ学校の女性教諭と元奥様とのお付き合いがあったのにもかかわらず、浮気の関係にあったこともありました。
また、同じ学校の違う女性教諭に上司である立場を利用し、セクシャルハラスメントを行っていたようでもあります。
信じられないのですが、T・Y教諭は前にいた学校でも女性関係に荒く、問題を抱えていたと聞いています。

また学校としても、T・Y教諭が前に務めていた△△高等学校でも、このような行為をしていたことを把握していたのにもかかわらず、採用し学校に放置していました。
さらに、女子生徒との行為が一部学校関係者に表面化した際にも本校は「一身上の都合」と説明し、生徒への説明ならわからなくもないですが、生徒を、学校への信頼のもと預けている保護者に対しても「一身上の都合」と信頼を裏切るような、また隠蔽ともとれるような回答をしています。

1人の教諭がこのような状態であること自体大変問題で遺憾なことではありますが、また、そのような危険分子を把握しておきながらなんの管理もせずに、学校の重要な役職につけ、問題を隠蔽していたという学校の姿勢そのものにも疑問を感じます。

このような腐敗したS高校の現状を公に伝えるべく、投稿させていただきました。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。