「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年1月号 タイ

「もういくつ寝るとお正月…」。この歌は現代っ子たちはほとんど唄わないそうだが、我々の子供時代はいまの時期になるとよく口ずさんだものだ。年が明けるともらえるお年玉、みんなで食べるお雑煮などに熱い期待をこめた、なんとも素朴な思い出が歌に秘められている。ところでお正月の楽しみといえば多々あるが、手作りや取り寄せのおせち料理を食べるのもそのひとつだろう。デパートでは「おせちコーナー」が設けられ人気を集める。そしてメーンの食材になるのが目にも鮮やかに映るタイや伊勢エビ。これがなければおせち料理とはいえまい。そこで正月号にちなみタイに関したお話を。
 タイ科は大きく分類してマダイとクロダイに分かれる。マダイは「腐っても鯛」といわれるようにこの魚の代表的存在。おせち料理に登場するのもこれ。いかにも魚らしい色合いとスタイル。淡泊でいて深みのある味。釣っては強烈な引きを見せるので人気NO1と言ってもよい。残念ながら北海道では釣りの対象にはならない。一方、わずかに道南の函館地域で釣れるのがクロダイ。色が黒いからクロダイだが、本州では多種の呼び名があって当歳魚をチンチン、2歳魚をカイズ、3歳以上をクロダイという。警戒心の強い魚で釣るのはなかなか難しい。食べては両魚とも刺身、焼き物、、頭や中落ちを使ったあら煮が美味。