「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年4月号 マイワシ

苫小牧東港などでマイワシが釣れている。7~8本バリのサビキ仕掛けで釣るのだが、一度にハリ数いっぱい掛かってくることもあり、柔らかいサオなら弓なり。それはそれは釣り味満点なのだ。その上誰でも簡単に釣ることができるとあって、休日ともなると岸壁はファミリーなどで大賑わい。チカ釣りとともにこれぞ「日本の釣り」といった感である。
 マイワシはニシン科の魚。素手でわしづかみすると鱗がべったりつく。これはニシンも同じで、なるほど同族であることが分かる。ニシンと違うのは、体に黒い点が7個並んでいること。このためマイワシはナナツボシとも呼ばれる。暖海性の回遊魚で、夏から秋に北上、冬から春に南下を繰り返す。今が南下の途中なのだろう。常に大群で移動するので入れ食いになることも珍しくない。
 イワシの仲間にはこのほかカタクチイワシ、ウルメイワシ、キビナゴなどがいる。いずれも動物性、植物性のプランクトンを食し、群を成す性質を持っている。カタクチの名前の由来は、上アゴと下アゴの大きさが極端に違うから。ウルメは目が潤んでいるように見えるからとか。