「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > マサル不動産

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

マサル不動産
取材日:2019年8月

写真大 大量に建てられた物件であっても、満室で稼働中

写真 満室稼働が続けば、将来に備えて外壁修繕にも着手できる

満室になれば視界は開ける 出口戦略もしっかりと支援

 アパート経営ブームは平成初期にもあった。写真の2物件はブームを牽引した当時のもので、札幌市内各地に短期間のうちに大量に建てられた。
 無論、築年数の経過や競合物件の多さ、天井の低い車庫なども相まって、入居者募集に苦戦しているケースが多い。しかし、マサル不動産の菊地勝裕社長は「できることはある」と断言。事実、この2物件も同社管理のもと満室だ。
 仲介店へのPRや募集条件の見直し、最小限の修繕などに加えて、独自の空室対策も講じて満室に導いている。
 菊地社長は「このシリーズのオーナーは団塊世代が多い。年齢的に売却も検討されているでしょうが、満室でなければ売りにくいのが現状であり、まずは満室にすることが重要です。家賃収入が増えれば、選択肢も広がる。売却のほか相続や建て替えなども含め、出口戦略も支援します」と呼びかける。 

基本データ

企業名:
マサル不動産
住所:
札幌市北区北34条西3丁目 マサルビル1階
TEL:
011・717・5550
URL:
http://www.masaru34.com/
アパート経営