「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 札幌シーズクリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

札幌シーズクリニック
取材日:2019年7月

写真大 大久保 真院長 おおくぼ・まこと/2005年に札幌シーズクリニックを開設、院長に就任。アンチエイジングを主題にしたレーザー治療、美容皮膚科治療が専門。テレビCMでもおなじみのドクターズコスメ「ドクターシーラボ」の開発室顧問医師としても活躍する〝美肌のエキスパート〟。

独自の「シーズ式ツインリフト」でたるみを解消

「札幌シーズクリニック」には大人の女性が数多く訪れる。50代、60代も多く、20代向けの他の美容皮膚科とは異なる。大久保真院長はレーザーを使い分け、デリケートな肌を持つ年代の女性を美肌に導いてきた。
「人知れず治療をして、実年齢よりも4~5歳若々しい肌を求める女性が中心です。ダウンタイムや痛みがなく、安全ですぐに効果を出しながら持続する治療を目指しています」と大久保院長。
 中高年女性の多くが抱える悩みの代表格が〝たるみ〟だ。
 大久保院長は独自の照射方法で、リフトアップを実現する「シーズ式ツインリフト」を実践している。顔全体にサーマクールCPTを400ショット照射して肌を引き締め、左右の頬にウルセラリフトを照射して肌の土台となる筋膜を引き締める。この2つの先端マシンがあるのは札幌でも同院だけだ。
 すべての美肌治療においてレーザー照射の〝攻める治療〟と、ダメージケア・活性化を目的とする〝護る治療〟のコンビ治療をおこなっているのも特筆すべき点。攻守のバランスにより、気になる部分を治しながらも肌へのダメージを軽減している。
「エステのように癒されながら、医学に基づいた治療結果を出すエステ型医療です。気軽にご来院ください」と大久保院長。

基本データ

企業名:
シーズメディカルグループ 札幌シーズクリニック
住所:
札幌市中央区北1条西3丁目 札幌北一条駅前通りビル4階
TEL:
011・222・1403
URL:
https://ci-z.jp