ほっかいどうデータベース

ホクレンがコンテンツ充実のオンラインショップを開設

「HOKUREN GREEN+PLUS」のトップページ

ホクレン農業協同組合連合会(本部・札幌市、篠原末治代表理事会長)が、2月に「ホクレングリーンネットショップ」を大幅にリニューアル。「オンラインショップHOKUREN GREEN+PLUS」を開設した。


ホクレンオンラインショップは、旬の道産素材が簡単に注文できると好評で、本州向けのギフト用にも活用されてきた。
リニューアルした「HOKUREN GREEN+PLUS」は、従来の機能に加え、「読んで、見て、楽しめる」をコンセプトに、さまざまなコンテンツを搭載した。

注目は「育てる+PLUS」。農作物の生育を見守りながら収穫を待つ消費者参加型で、3月5日現在、「メロン」「トウモロコシ」「道産牛肉」が募集中だ。
例えばメロンなら、メロン一株(4玉)に顧客番号を付け、生育過程を2週間に1回程度、LINEグループにアップする。
生産するのは有機栽培にこだわる「はるきちオーガニックファーム」(石狩市)の小林さん。約2キロのメロンが4個届き、価格は1万2000円。先着20人限定。
同様にトウモロコシも小林さんの有機栽培。味わいが異なる黄・白を各4本ずつと、近年人気が高まっている道産ヤングコーンが10本届く。価格は5500円で、先着30人。生産者との距離を近く感じることができ、栽培・成長過程を見られるのが醍醐味。小さな子どもと生育過程を楽しむことで食育にもなる。

「北海道産牛肉みんなで半頭買い」もおもしろい。十勝の「トヨニシファーム」が生産する「豊西牛」を15人で半頭分購入するもので、月に1回、6カ月連続でさまざまな部位を送ってくれる。価格は6万2400円。
こちらもLINE上で2週間に1回程度、枝肉の選定、各部位の特徴やオススメの調理方法などを発信する。

もう1つの目玉コンテンツは「発見+PLUS」だ。米や牛乳、チーズ、トウモロコシなど、さまざまな道産食材のおいしさの秘密や料理方法をホクレンの各担当者が説明する。

そのほか、「おすすめ商品」や「売れ筋ランキング」、会員限定の定期購入サービス「くるくるGREEN」なども必見だ。
オンラインショップへののアクセスは、https://www.hokuren-greenplus.jp、または「ホクレングリーンプラス」で検索を。

売れ筋ランキングも注目
トウモロコシを手にする生産者の小林さん
牛肉の目利きのプロである小倉さんが選りすぐりの1頭を選定
担当者がメッセージを伝える「発見+PLUS」