「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 岩田地崎建設

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

岩田地崎建設
取材日:2019年6月

写真大 道外や海外からも高い評価を獲得

写真 岩田圭剛社長 写真 JR苗穂駅の南口昇降棟も施工 写真 北海道森と緑の会「緑の募金」から感謝状を受けた

国内外で幅広い事業を受注。創業100周年に向け堅調な業績

 道内建設業界最大手。オフィスビル、宿泊施設、トンネル工事、ダム建設、災害復旧工事など多種多様な工事を手掛けている。
 最近では「北海道横断自動車道 小樽西IC料金所」や「しこつ湖鶴雅別荘 碧の座」などが竣工。新たに「宮の森・北24条通仮称北24条大橋(上部工)新設工事」「SETSU NISEKO 新築工事」、札幌の苗穂駅前の再開発事業では「施設建築物等新築工事(A・B・D街区)」などを施工しているほか、近年多発する自然災害の応急・復旧支援工事にも迅速に対応。昨年9月に発生した北海道胆振東部地震で甚大な被害を受けた厚真町でも災害復旧工事に尽力している。
 本州においても、「リニア中央新幹線第一首都圏トンネル(小野路工区)新設工事」や「(仮称)向原吉田トンネル1工区工事」を受注した。海外では「北部ウガンダ地域医療施設改善計画」も単独で受注しており、国内外にかかわらず、幅広く事業を展開している。
 技術力に対する評価の高さも特徴で、直近では江別南大通上部工工事で「2018年度優秀現場代理人および優秀管理技術者表彰」(空知総合振興局札幌建設管理部)、苗穂駅南口昇降棟工事で「2018年度土木部所管工事優秀施工業者表彰」(札幌市建設局)などを受賞している。
 社会貢献活動にも積極的に取り組む。北大フロンティア基金への寄付や、6年目を迎える「緑の水田プロジェクト」を実施。田植えバスツアーには過去最高の160人が参加した。さらに「北海道神宮御鎮座百五十年」を記念した鳥居の建立と寄進も予定されている。
 SDGsへの取り組みも進めている。SDGs推進委員会を組織し、7月には活動や目標を取りまとめた「SDGsサスティナビリティレポート2019」を発刊した。
 18年度の総売上高は、前期比8・5%増となる866億円を計上。2022年に迎える創業100周年に向け、着実に歩みを進めている。

●代表取締役社長/岩田圭剛
●創業/1922年4月
●事業内容/土木、建築工事業

基本データ

企業名:
岩田地崎建設
住所:
札幌市中央区北2条東17丁目2番地
TEL:
011・221・2221
URL:
http://www.iwata-gr.co.jp
企業総覧:業種別景況と企業動向2019