「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 医療講演会「第13回札幌ハートセミナー」が開催

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

News&Files 2019年11月号
取材日:2019年9月

写真大 大画面のスクリーンを使って、4人の専門医が講演した

写真 藤田勉札幌ハートセンター理事長兼CMO

医療講演会「第13回札幌ハートセミナー」が開催

 医療法人札幌ハートセンター(藤田勉理事長兼CMO)主催の医療講演会「第13回札幌ハートセミナー」が10月5日に江別市民会館で開催。約300人が来場した。

 狭心症や心筋梗塞、不整脈、弁膜症、大動脈解離など、「がん」に次いで死亡率の高い病気とされる心臓の病気。動悸や息切れをはじめとして、日常から悩んでいる人は多い。
 江別市で初めて開催された「札幌ハートセミナー」には、そんな心疾患に悩む人や家族など約300人が訪れた。
 当日は4人の専門医が講演。それぞれがテーマを持ち、大画面のスクリーンを使いながら動脈硬化や不整脈など、心疾患の基礎知識をわかりやすく解説した。
 また、健康な人にも潜む心疾患の可能性や予防法なども紹介。講演終了後には医療相談会も開かれた。
 札幌ハートセンターは、循環器内科・心臓血管外科・不整脈治療の3分野の心臓専門医が総合体制を敷く「札幌心臓血管クリニック」(札幌市東区北49東16)を運営。道内では最多の心臓カテーテル治療数を誇る心臓専門病院で、2013年6月から啓蒙活動の一環として年に2回「ハートセミナー」を開催。これまでに延べ8000人の来場者が訪れている。
 次回の第14回セミナーは、2020年5月23日(土)に「道新ホール」(札幌市中央区大通西3)で開かれる。