ほっかいどうデータベース

セコマ

スマホやパソコンから簡単にネット予約ができる

ネット予約増加。コロナ禍でさらに存在感を高める

セイコーマート第1号店開店は1971年。セコマグループにとって今年は創業50周年の節目の年となった。新たなタグライン「ここにあるおいしさを、お手ごろに」を掲げ、次の50年に向けてスタートしたところだ。

コンビニという業態の概念を日本、そして北海道で確立させてマーケットを創出。現在は原料生産から仕入れ、製造、物流、小売まで全てを自社で担うサプライチェーンへ進化を遂げた。
他の全国コンビニチェーンとは一線を画した個性的な品ぞろえで、今や知名度は全国区だ。
小型スーパーのような側面もあり、コロナ禍で買い物が制限される中、牛乳をはじめとする日配品の豊富さも支持された。

また、かねてより取り組んできたネット予約が増加。店舗に行かなくても、どこからでも好きな時に予約ができて便利と評判だ。

普段から利用する弁当類に加え、ボージョレ・ヌーボーやクリスマスケーキ、おせち、さらには鏡餅やしめ飾りまでもネットで予約できる。
なお、弁当類は2日前の17時まで予約可能。ボージョレ・ヌーボーは11月17日までの予約で1本につき本体価格が100円引きになる。また、公式通販を利用すれば3本以上で全国どこでも無料配送する。クリスマスケーキやおせちは昨年も売り切れ続出だったため、早めの予約が得策だ。

今後も接触機会を減らす傾向は続く。ネット予約はますます増えていくはずだ。その一方で緊急事態宣言が解除され、ワクチン接種も進んだことで、親族や友人との会食機会は増えていく見込み。ただし、外食は減り、自宅で集まり食事をする傾向が強まると目されている。 
これを見据えセコマグループでは、店舗とネットの双方を強化し、リアルとオンラインを融合させ、多様化する顧客ニーズに対応していく意向だ。

ボージョレ・ヌーボーは11月17日、オードブルは11月5日まで予約受付中
道内に1081店舗(2021年9月末時点)を構える「セイコーマート」