ほっかいどうデータベース

三つ葉不動産開発

家具家電の購入コストは共益費で賄う

高いリーシング力と流行調査力で売却までサポート

賃貸仲介のエイブルネットワーク麻生店を運営する「三つ葉不動産開発」。賃貸物件の企画や管理、不動産売買まで幅広く手掛けオーナーをサポートする。

同社の大きな特徴が、全ての管理物件に良質な中古家電や家具を付け、賃料と共益費にパッケージして提供していることだ。学生や転勤が頻繁な単身者などを中心に好評を博している。家具や家電の購入コストはすべて共益費で賄うため、オーナーの負担は一切無く、新規契約の場合、管理開始から6カ月間は管理費用も無料だ。

他にも管理する物件に独自規定を設けており、共用部、設備、管理対応、料金、サービスの5項目で厳しい自社基準をクリアした物件を「みつばファイブスター物件」として認定し供給。また、収益向上、満室経営、売却などの出口戦略の3面からオーナーをサポートする「みつばオーナーサポート」も展開している。
「当社は元来、リーシングや不動産売買が主体で数多く手掛けてきました。そのネットワークを生かし、市場調査から物件の企画、管理、売却まで全面的にサポートしています」と遠藤政志社長。

他社と一線を画す外観が好評の企画物件