ほっかいどうデータベース

三和シヤッター工業 北海道事業部

6月から発売されたカーポート遊YOU自適(ゆうゆうじてき)

業界随一の技術力と開発力でオリジナル商品を新発売

「三和シヤッター工業」は1959年の創業。以来60年余にわたりシャッターやスチールドア、間仕切りなどの開口部など、建築用建材商品の製造、販売を手掛ける国内業界の最大手。世界各地に拠点を持ち、近年は多品種化とグローバル化を掲げ、多様な商品やサービスを提供する総合建材メーカーだ。
 6月には同社初となるオリジナルのカーポート「遊YOU自適(ゆうゆうじてき)」を発売した。間口が約5㍍50㌢の2台用。開口高は2㍍50㌢と大型SUV車やハイルーフ車でも容易に入庫可能な仕様。冬期間の耐積雪は一般的な150㌢から200㌢に強化されているほか、屋根を支える柱も6本が主流のなかで、耐久性に優れたスチール柱で4本にとどめた。柱が少ない分、車の乗り降り時のドア開閉もスムーズ。強度と耐久性に優れるスチールのノウハウを持つ同社ならではの最新カーポートといえよう。広いスペースはバーベキューなど多目的な活用も可能。アルミ木目調ハフとアルミカラーハフの2タイプが用意されており、価格はそれぞれ130万円(消費税別)と120万円(同)となっている。
 この他、木製ガレージドア「ゼクラ」も好評だ。スチール建材メーカーとしてのノウハウを木製にも応用。独自の技術で高級感と安全性を確保しつつ耐久性、静粛性にも優れた人気シリーズ。エコノミー、ハイグレード、防火タイプの3種類でカラーも豊富にそろえている。
 また、スタイリッシュなスチールシャッター「エレガノSTワイド」は、メタリック調と木目調を用意。障害物検知装置を標準装備するなど安全面にも優れており、赤外線で障害物を感知するとシャッターが自動停止。オプションでLED照明を取り付けられるのも特徴だ。両製品ともに電動式を採用し、フルオーダーで対応。同社ではFTS(フルタイムサービス)と銘打ち24時間365日、アフター体制がとられているのも安心だ。
 現在、北海道マイホームセンター山鼻会場内に、道内初のガレージドアショーケース「サッポロガレージハウス&ビヨンド」を展示中。同社の商品を凝縮したコンセプトモデルだ。来場には予約必須のため同社北海道事業部まで問い合わせを。

高級感漂うゼクラ
シンプルなエレガノSTワイド
ショーケース「サッポロガレージハウス&ビヨンド」外観(上)と現地マップ