「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 幸田内科消化器クリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸田内科消化器クリニック
取材日:2018年7月

写真大 幸田 弘信院長 こうだ・ひろのぶ/1981年旭川医科大学医学部卒業。石橋胃腸病院院長などを経て、03年に開院。日本消化器病学会認定消化器病専門医。日本肝臓学会認定肝臓専門医。日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医。

写真 最新の検査機器を備え 丁寧な診断を実施

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)に対し豊富な実績

 肝臓疾患として真っ先に上げられるB型肝炎やC型肝炎は、核酸アナログ製剤や直接作用型抗ウイルス薬などの有効な治療法が確立され減少傾向にある。そんな中、肝臓の疾患として増加しているのが非アルコール性脂肪肝炎(NASH)だ。
 同疾患は、飲酒の習慣がないにもかかわらずアルコール性肝障害に似た症状を発症。悪化すると肝硬変や肝がんにまで進行する。
 要因の1つとされるのが生活習慣の乱れから発症する「脂肪肝」。肝臓の3割以上が脂肪滴で占められた状態を指し、その約1割でNASHが発症するといわれている。
「発症の明確な原因はまだわかっていないのですが、インスリン抵抗性のある患者さんに多く、肥満や糖尿病、高脂血症と診断された人は要注意です」と幸田院長は警鐘を鳴らす。
 同院ではNASHの疑いがある患者に対して、食事や運動を中心とした生活改善プログラムを立案。予防に取り組んでいる。
「まずは現在の体重から5%の減量をすること。NASHに対しての治療で、それに勝る薬はありません」と幸田院長は語る。

基本データ

企業名:
医療法人社団 幸田内科消化器クリニック
住所:
札幌市厚別区厚別中央2条5丁目4‐1新札幌七彩館ビル2階
TEL:
011・896・3888
URL:
http://www.myclinic.ne.jp/kohda_clnic