南興ビル1階の路面店に誕生したBAR


路面店のため換気も良好


ススキノで「バー・リュトン」や「AZU BAR」、「SHOT BAR BR」、「THE LONG BAR」を展開する「リュトングループ」が、4月22日に南興ビル1階で新たなバーをオープンする。
店名は「20・1」(トゥエンティーポイントワン)で、系列店の上質なサービスはそのままに、若い世代でも入りやすい雰囲気にしている。
看板メニューは、各種ハイボール(800円〜)で、日本のウイスキーはもちろん、日本とスコットランド産を独自の比率で調合し、ここでしか飲めないオリジナルブレンドのモルトウイスキーも提供する。このほか、ワインや生ビール、カクテルも取り扱う。
店内は30席で、木を生かしたモダンな内装だが、一部には、ボトルが並んだインパクト抜群のデザインを採用。カウンターにはハワイ原産の木〝モンキーポット〟の一枚板を用いるなど、贅沢かつ遊び心にもあふれている。
また、路面店のため夏はテラス席でお酒を楽しめるのも特長。コロナ禍を反映して手洗いはセンサー式の非接触型にした。
営業時間は午後6時〜午前2時まで。日曜定休(連休は最終日のみ休み)。


インパクト抜群の内装

20・1(トゥエンティーポイントワン)

札幌市中央区南5西4南興ビル1階 ☎011・200・0115