焼肉に和食の技法を取り入れた逸品を提供

全国各地から取り寄せた「厳選肉の盛り合わせ」

 すすきのを代表する日本料理店「みえ田」。ミシュランで1つ星を獲得した名店として知られている。

 その「みえ田」がプロデュースを手がけたのが「焼肉 展」だ。2018年のオープン以来、美食家の間で密かに話題となっている。

 石田将太料理長は「みえ田」や系列店の「をとわ」で修業した人物。培われた知識と技術を生かし、素材選びからメニューの開発まで手がけている。

 使う食材はブランドや産地だけではなく、その時期に最もおいしいものを全国から厳選。「焼肉と和の融合」を目指したメニューは、至るところに日本料理の技法が取り入れられている。

 例えば肉は「昆布締め」や「西京漬け」など、仕込みの段階から一手間を加えている。これらをタレではなく、かつお出汁や塩昆布、本わさびで味わうことで肉本来の旨みを引き出した。

 また「肉だけでは飽きてしまう」「肉以外も食べたい」というニーズにも応え、和にこだわった一品料理も充実。刺身や天ぷらは、味も見た目も日本料理店と比べても遜色がない。

 石田料理長は「焼肉料理は、一年を通じて同じ内容の店舗が多いですが、当店は旬の食材を使うことでお客さまが飽きないように工夫しています」と話す。

 そのため、4つあるコース料理(9000円~1万5000円)でも、再来店者には可能な限り内容を変更して提供している。

 酒類も豊富で、ワインは常時7080種類を取りそろえている。おすすめは「ケンゾーエステイト」。日本人が経営する米カリフォルニアのワイナリーで生産されたもので、限られた店にしか卸されない希少品。

 テイクアウトでは、人気の土鍋ごはん(2300円~)や事前予約制の牛タン弁当(1950円)、A5ランク肉が入った焼肉弁当(2500円)が食べられる。

 店内は、全席が個室で最大36人まで収容可能。無煙ロースターで換気も万全だ。 日々衛生管理も徹底しており、コロナ禍であっても人気が衰えない。

「料理はもちろん、サービスや空間にも配慮しており、『楽しい会食だった』『居心地が良かった』と感じてもらえる店づくりを心がけています」と石田料理長。

 接待はもちろん、デートや家族のハレの日などプライベートの利用にも推奨したい。

 営業時間は午後5時~午後1130分。月曜定休。

器や盛りつけにも和の技法を生かす

トウモロコシとクリームチーズの天ぷら

個室をつなげることで4人以上の利用にも対応している

石田将太料理長

焼肉 展

札幌市中央区南4西3ニュー北星ビル7階 ☎011・211・1789