「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 西野学園

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

西野学園
取材日:2019年5月

写真大 臨床検査技師を目指し、熱心に授業を受ける学生

写真 実習は個々の状況に合わせられる少人数制を採用 写真 札幌医学技術福祉歯科専門学校

手厚い学習支援体制で国家試験合格率98・6%

 4つの専門学校と2つの幼稚園を運営する西野学園。〝探究・創造・貢献〟を教育理念に掲げ、これら3つの「心」を備えた人材養成を目標としている。
 特に専門学校教育では、人材不足が深刻な医療・福祉分野に特化。学園の中枢である「札幌医学技術福祉歯科専門学校」(中央区南5西11)をはじめ、「札幌心療福祉専門学校」(同北2西20)、「札幌リハビリテーション専門学校」(同北4西19)、「函館臨床福祉専門学校」では、理学療法士や作業療法士、臨床工学技士、臨床検査技師、介護福祉士などを養成する計11の学科を開設している。
 国家資格試験の合格率は全国水準を上回る学科が多い。中でも「札幌医学技術福祉歯科専門学校」の臨床検査技師学科の実績は群を抜き、過去5年間の受験者294人中290人が現役合格。合格率は98・6%に上る。過去10年間でも97%に達し、北海道・東北エリアでトップクラスの合格率を誇っている。
 その要因は、10年前から取り組んでいる学習支援体制にある。次の3つのアプローチで基礎学力の向上を図り、学習習慣の定着強化につなげている。
 1つ目は「入学前教育」の実施。専門的な学習に対する学生の不安や疑問を〝あらかじめ〟解消するのが目的であり、入学前学習セミナーなどを開催している。
 2つ目は「学生の定点観測」。入学後には進研アドが提供するアセスメント「基礎力リサーチ」を用いて、定期的に基礎学力や学習意欲を定点観測している。熱の入った専門分野の授業や実習をする一方、しっかりと学生の習熟度を把握して〝授業についていけない〟を防止。その後の学習計画策定に生かしている。
 そして3つ目は「基礎学力教室」でのフォローだ。理数系科目を中心とした苦手科目を重点的に学べる基礎学力教室を入学後に開講し、成績の伸び悩みや勉強方法についてアドバイスしている。
 効果はしっかりと数字に表れる。例えば2018年度は、入学後3カ月で基礎学力テストの点数を平均で約10点上昇。自身の成長を実感させることで、学習意欲の向上と日常の学習習慣を身につけさせている。なお、この学習サポートはすべての医療系学科で実施。学生にとことん寄り添った教育を実践している。

基本データ

企業名:
学校法人 西野学園
住所:
札幌市中央区北4条西19丁目1‐3
TEL:
011・616・2234
URL:
https://nishino-g.ac.jp
教育:専門学校