「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 藤女子大学

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

藤女子大学
取材日:2019年5月

写真大 ハンス ユーゲン・マルクス学長 1944年生まれ。ドイツ連邦共和国ノルトライン・ヴェストファーレン州出身。68年聖アウグスティヌス哲学・神学大学哲学科卒業後に来日。72年南山大学文学部神学科卒業。78年グレゴリアナ大学大学院神学博士号取得。86年から南山大学文学部教授。93年より南山大学学長。08年から17年まで南山学園理事長。17年4月より現職。

写真 北16条キャンパス。校舎左側がチャペル 写真 広大で自然豊かな花川キャンパス

全学共通の教養科目を設置 来年度は子ども教育学科開設

 ――大学のユニバーサル化による影響はありますか。
 マルクス 大学の使命は、高い知性と豊かな人間性を兼ね備えた人材を社会に送り出すこと、また、一定の専門分野での研究により知の増進に貢献すること、この2つです。大学がユニバーサル化してもその使命は変わりません。
 ただし、本学ではこの2つの使命を一層果たすために教育組織と教員組織の改革に取り組んでおります。学長の諮問機関として「藤女子大学将来構想会議」を立ち上げました。教職員が知恵を出し合って、改革に取り組んでいきたいと思っております。
 全入時代の到来により、大学が学生を選ぶ時代は終わり、大学が学生、志願者、その親御さんや祖父母たちから選ばれる時代です。学生から選ばれる大学であり続けるための改革でもあります。
 ――親世代が貴学に期待するものの1つは教養です。
 マルクス 本学は忠誠を理想とするミッションスクールですから、専門の前にまずは教養をしっかり学んでもらいます。アメリカの多くの大学や国際基督教大学も教養第一です。教養教育で幅広い知を身に付けてから専門分野に深く取り組む。だからこそすばらしい研究ができるのです。
 昨年度から大学共通の教養科目を再構築しました。昨年度は文学部、そして今年度からは人間生活学部も同じ教養科目を学んでいます。これにより本学を卒業した学生は学部学科を問わず、藤のスタンダードな教養を身に付けて社会に出ることになります。
 ――専門分野には長けているが教養がないという人は世の中にたくさんいます。
 マルクス 例え英語の能力が優れていても教養がなければ、他国の人たちとしっかり語り合うことはできません。聖書に「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」という言葉があります。他者の文化を愛することができるようになるためには、自分の文化を愛さなければなりません。誇りと思える自国の文化を知り、その上で相手の文化を学ぶことで、グローバルな活躍ができます。 
 ――図書館を利用する学生が多いですね。
 マルクス 本学の図書館には常に学生がいます。昨年に続き、今年も学生一人あたりの貸し出し図書数が全国5位でした。本学にある30万冊の蔵書を活用してくれています。
 また、図書館を出れば、学生たちは非常に明るい。キャンパスでは挨拶が飛び交い、時には私も後ろから「こんにちは」と声を掛けられます。これも本学の学生の良い点だと感じます。
 ――卒業生の活躍が目立ちます。
 マルクス 学長に就任して最初に驚かされたのは、本学のブランド力です。そして、ブランド力の源は卒業生です。地域に敬愛されている大学として、多くの卒業生を送り出し、多方面で活躍しています。高い知性と豊かな人間性を兼ね備えた人材を社会に送り出すという使命は果たしていると自負しております。
 ――チャペルが完成しました。
 マルクス 創立以来の念願でした。ミッションスクールですから、やはりチャペルはあるべきです。雰囲気が良く、音響もいい。コンサートもできます。私も月に一度、ミサを開いています。学生、卒業生、地域の方、誰でも歓迎です。
 ――保育学科が子ども教育学科に生まれ変わりますね。
 マルクス 2020年度に向け、子ども教育学科の設置を届け出ました。今後は小学校の教員免許も取得できるようになります。私は6年間、小学校の校長を務めました。初等教育の重要性とその楽しさを肌で感じています。本学こそ小学校教諭となる卒業生を送り出すべきだと考えております。

基本データ

企業名:
藤女子大学
住所:
【北16条キャンパス】札幌市北区北16条西2丁目/【花川キャンパス】石狩市花川南4条5丁目
TEL:
【北16条キャンパス】011・736・0311(代表)/【花川キャンパス】0133・74・3111(代表)
URL:
https://www.fujijoshi.ac.jp
教育:大学