ほっかいどうデータベース

五稜会病院

初診患者に配慮した予約専用ラウンジ

充実した環境で、
心の病の早期回復を支援

今年で開院50年を迎える「五稜会病院」は、心の病をはじめ、発達障害やアルコール依存症など、多岐にわたる精神疾患のケアに努めている。

閑静な木立に囲まれ、院内には初診専用のラウンジ、カフェやスポーツジムを完備するなど、明るく開放的な環境が特徴だ。

病床数は193床。プライバシーに配慮し、人目を気にせず過ごすことができる個室を中心としている。
「入院患者の中心は20〜50代で、近年は若年層が増えています。病前の状態や症状を見極めて治療を行います」と中島公博理事長。

治療は薬物療法をはじめ、運動療法や作業療法などを実施。また、睡眠の質の向上を目的に認知行動療法を柱としたグループセミナーを開催するほか、対人交流のスキルを身につけるプログラムなども提供している。

患者数の増加に伴い4月からは医師を2人増員。予約待ちの解消も期待される。

診療科目

精神科、心療内科、内科、消化器内科

診療時間

月〜土 9:15〜17:00 (土曜は第2・4のみ)
※受付は8:45〜12:00、13:45〜15:45 (初診は15:00まで)
※初診は事前に電話予約が必要

休診日

土曜(第1・3・5)・日曜・祝日

中島公博理事長・院長
開放的なつくりを採用