ほっかいどうデータベース

医療法人カワムラメディカル かわむら整形外科

川村 大介理事長院長
かわむら・だいすけ/1989年岩手医科大学歯学部卒業。93年同大学医学部卒業後、北海道大学整形外科教室入局。2002年北海道整形外科記念病院医長などを経て14年から現職。

整形外科から介護まで富良野で完結できる診療体制を構築

「膝に痛みを感じたら早めに受診が重要です。治療開始が早ければ関節を温存する治療が選べます。仮に人工関節を入れる場合でも末期になると可動域が狭くなっており、機能を回復するには限界があるからです」と川村大介理事長。

川村理事長は日本整形外科学会認定医で日本体育協会公認スポーツドクターや日本リウマチ財団登録医などの資格も持つ。富良野市の「かわむら整形外科」で陣頭指揮を執りながら外来診療から手術、入院、リハビリまで一貫した治療を提供。整形外科医の少ない芦別市や赤平市など上川・空知管内の住民の健康を支えている。
専門は下肢疾患で、特に変形性膝関節症における人工膝関節置換手術を得意としている。患者のライフスタイルを考慮した治療を心がけており、若い世代やアクティブなシニアには可能な限り保存的な治療を優先して提案する。
「手術は年間100例ほどに留めています。顔と名前が一致できる治療に取り組みたいからです」と川村理事長。

アフターフォローにも力を入れている。術後は傷跡が目立たないように可能な限り丁寧に縫合するほか、半年ごとにレントゲン撮影を行って異常の有無を早期に捉える。
さまざまな機器も導入する。「手術用ナビゲーションシステム」もそのひとつだ。手術時に人工関節挿入の正確な位置や角度をガイドしてくれる装置で人工関節に関わる術後のトラブルを防止。人工関節を長持ちさせる効果もある。

さらに、日本骨粗鬆学会認定医として人工関節を支える骨の健康維持にも取り組む。
「人工関節の機能を100%発揮するには骨粗鬆症対策が大切です。治療薬は進歩しており骨密度の改善が期待できる」と川村理事長。

このほか、高齢化する患者の生活をサポートするため整形外科から介護サービスまで提供。地域で完結できる医療体制の構築に取り組んだ。法人内にグループホームや通所リハビリも設置している。
近年は地域貢献のため新型コロナウイルスワクチン接種を実施。地域住民はもちろん、地元観光業で働く人の職域接種まで担う。

JR富良野駅から徒歩圏内。遠方の患者も
手術用ナビゲーションシステム