ほっかいどうデータベース

北海道ポラコン

プラスチック製の貯留槽は連結することで大規模化できる

雨水流出抑制などの治水対策をトータルで提案

気候変動によって豪雨災害や洪水などの水害が全国的に多発。治水対策が急務となっている。
「北海道ポラコン」では治水に関わるさまざまなコンサルティングを行う。

表面に連続した穴や隙間があるポーラスコンクリート(透水性コンクリート)を用い、雨水を土中に染みこませる「浸透工法」を提案するほか、プラスチック製の貯留槽を使い、雨水を貯めこむ「貯留工法」も提案している。
「プラスチックは軽くて施工も容易です。用途に合わせ連結して組み合わせることが可能で、これを活用することで大規模な貯留槽として使うこともできる。雨水を二次利用したいなどのニーズにも対応できます」と池田翼専務。

同社は、コンクリート製品の製造会社で、製品を企画、製造から施行、メンテナンスまで提供。桝や管、側溝などで使用され治水が必要な都市部で多く利用されている。
「浸透や貯留など予算に応じ製品や工法をご提案できるのが当社の強み。無料でコンサルティングしていますので、気軽に問い合わせを」と池田専務。

池田翼専務