ほっかいどうデータベース

非対面、非接触で対応する賃貸仲介サービスが好評

札幌市白石区にある店舗内

コロナ禍の中、イエストホーム(本社・札幌市、矢部尚哉社長)は人との接触を最小限に抑えた賃貸仲介サービスなど、デジタル化を推進。新たな取り組みで注目を集めている。

未だ猛威を振るっている新型コロナウイルス。ウィズコロナの時代には、街や家、職場などあらゆるシーンで、感染拡大の原因となる人との接触を回避することが求められる。非対面、非接触のニーズはさらに高まることが予想される。

中古収益物件の売買、賃貸仲介や管理を手掛けるイエストホームでは、他に先駆けて物件を探しにZoomを使ったオンラインでの接客サービスを導入。来店せずに物件の相談が可能なほか、内見もVRを使った360度パノラマビューで物件の詳細が確認できる非接触のシステムを整えている。

現在、契約時に限り対面となっているが、来春にもオンライン電子契約に移行する予定。完全な非対面でスピーディーな部屋探しが可能となる。

また、メール自動配信サービスも導入し、予めメールアドレスを登録すれば、AIが希望に応じた物件を選択。詳細な情報がタイムラグなく送信される。

こうしたサービスが口コミやSNSを中心に広がり評判となっており、来店予約が急増している。

サービスの詳細はイエストホーム☎︎011・868・7770まで。

矢部尚哉社長