ほっかいどうデータベース

医療法人社団 幸田内科消化器クリニック

肝臓疾患

食事療法でNASH(非アルコール性脂肪肝炎)を予防

 近年、我が国ではウイルス性肝炎が減少する一方で、食習慣の欧米化や運動量の低下による非アルコール性脂肪肝が増加している。
 これは肝組織の3割以上が脂肪滴で占められた状態を示し、その約1割でNASH(非アルコール性脂肪肝炎)を発症するといわれている。放置すれば肝硬変や肝がんまで発症する。
 胃や大腸、肝臓など消化器系疾患に豊富な治療経験を有する幸田弘信院長は、このNASHの早期発見と治療、予防に注力している。
「NASHの明確な発症原因は不明ですが、インスリン抵抗性のある肥満や糖尿病、高脂血症などの持病を抱えている人がかかりやすい」と幸田院長。
 そのため脂肪肝の疑いがある患者に対しては、食事療法や運動を組み合わせた生活改善プログラムを立案している。
「予防には定期的に健康診断を受けること。もし体重増加に伴って肝機能障害がみられる場合は、現在の体重の5%を目安に減量してみて下さい」と幸田院長はアドバイスする。

幸田 弘信院長
こうだ・ひろのぶ/1981年旭川医科大学医学部卒業。石橋胃腸病院院長などを経て、03年に開院。日本消化器病学会認定消化器病専門医。日本肝臓学会認定肝臓専門医。日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医。
さまざま検査機器を備え丁寧な診断を実施