ほっかいどうデータベース

札商会頭2期目に突入。オリパラ招致に全力

(いわた・けいごう)1953年生まれ。青山学院大学卒業。98年社長就任。07年4月岩田地崎建設設立。北海道建設業協会会長、全国建設業協会副会長。19年11月に札幌商工会議所会頭として2期目に入り、北海道商工会議所連合会の会頭も兼務する。

岩田 圭剛氏 岩田地崎建設社長 
北海道商工会議所連合会会頭

 19年は震度6強の地震を想定したBCP(事業継続計画)訓練を実施し〝地域の守り手〟として体制の再構築をおこなった。また「岩田地崎建設サスティナビリティレポート」を発刊しSDGsを推進する。
 新たなプロジェクトもスタート。マンションや商業複合施設を建設する札幌の「苗穂駅前再開発」やニセコリゾートエリアにおけるコンドミニアム「セツニセコ」が着工。 
 節目となる創業100周年の22年に向け、周年事業の準備も着々と進める。
 一方、道建設業協会会長として若手技術者の育成、ICT技術の積極活用などを推進。
 また、札幌商工会議所会頭は2期目に突入。「東京五輪のマラソンと競歩。2月の大通公園クロスカントリー大会を成功させ、30年の札幌冬季オリンピック・パラリンピック招致の実現につなげていきたい」と八面六臂。新たな年も超多忙な日々が続く。