ほっかいどうデータベース

加納工務店


洗練された外観

ノウハウと知見を生かし多彩な住空間を提案

 1955年創業の「加納工務店」。釧路市を拠点に〝豊かな住まいと環境の創造〟を目指し、半世紀以上にわたって店舗や工場・倉庫、医療施設などの建設を幅広く施工。
 一般住宅においては、総合建設業のノウハウと知見を生かして、設計からデザイン、施工、監理業務まで一貫して手がけている。
 顧客の要望やニーズを細かくヒアリング。各種工法のほか、オール電化住宅や太陽光発電システムを利用したエコ住宅なども提案する。
 また、デザイン性にも秀でており、自社デザイナーはもちろん、独自のネットワークを生かし、著名な住宅デザイナーも設計に加わっている。
 設計から引き渡しまで家づくりの窓口となる担当者が変わらないのも好評だ。
 2019年には総合建設業グループの「武ダホールディングス」(本社・札幌市)の傘下となり、安定した資本力を背景に住まいのアフターサポートも万全となった。

デザイン性と機能性を両立した内装