ほっかいどうデータベース

札幌聖心女子学院中学校・高等学校

台湾とメキシコ姉妹校の留学生と交流

質の高いグローバル教育で世界につながる扉を開く

 キリスト教の価値観に基づき〝魂を育てる・知性を磨く・実行力を養う〟を教育理念に、賢明な女性を育てる「札幌聖心女子学院中学校・高等学校」。

 世界30カ国146の姉妹校とのネットワークを生かしたグローバル教育が特徴。語学研修や交換留学など20を超えるプログラムを通して、言語習得をはじめ異国の歴史や文化を学ぶ。

 また、建学の理念につながるSDGsをベースに、さまざまな諸問題に目を向ける。1人では解決が難しい問題でも学内外の人物や組織と協力するなど、行動力の高い生徒が多いのも特徴だ。

 人間教育にも注力。ミサ、聖母戴冠式といった行事を通して、他者を慈しむ心を育む。4月には生徒が自主的に手づくりした布マスク300枚を札幌市内の保育園に寄贈した。

 4月からカトリック信者で、市教委や公立校での経験が長い齊藤隆浩氏が新校長に就任。

 コロナ禍で不安な生徒に対して、オンライン上で「聖心は生徒、教師、シスターなどが集う1つの〝家族〟です。力を伸ばし個性を磨ける場として、力を尽くしていきます」と激励した。

齊藤隆浩校長