「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > さっぽろ脊椎外科クリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

さっぽろ脊椎外科クリニック
取材日:2018年7月

写真大 山田 恵二郎院長 やまだ・けいじろう/1995年京都府立医科大学医学部卒業。勤医協札幌中央病院、京都民医連中央病院、札幌中央病院を経て2015年12月に開院。日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本脊椎脊髄病学会指導医。

写真 最新鋭の機器をそろえた手術室

脊椎疾患に精通。最新術式で早期の社会復帰を実現

 腰痛や手足のしびれ、歩行困難などを引き起こす脊椎疾患は、生活に大きな影響を及ぼす。
 よく知られているのは腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、腰椎変性側彎症などで、これらを専門とする山田恵二郞院長は「治療の基本は投薬やリハビリなどの保存療法ですが、QOL(生活の質)向上のために、また、体力が落ちる前に手術を選択するのも1つの手です。健康寿命が延びており、70代であっても手術は遅くない」と呼びかける。
 山田院長は、道内ではまだ数人しか体得してない側方侵入椎体間固定術(OLIF)の使い手。脇腹からアプローチし、神経の除圧と脊椎間固定、脊椎配列の矯正などをおこなう最新の術式だ。背中からアクセスする一般的な手術に比べ、背筋などの筋肉組織を切開しないため身体的負担が激減。早期の社会復帰を可能にしている。
 患者は全道から訪れており、執刀実績は年間250~300例、累計としては2000例を超えている。今年から麻酔科医が加わり、より万全の態勢で手術に臨んでいる。

基本データ

企業名:
医療法人 さっぽろ脊椎外科クリニック
住所:
札幌市東区北16条東16丁目1‐13 北愛メディカルビル1階
TEL:
011・785・1154
URL:
http://sapporo-spine.com/