ふらの牛乳スイーツで優雅なティータイムを


ふらの牛乳を生かした「モンブラン」

12月で1周年を迎えた「カフェラウンジ シアン山鼻」。モノトーンが基調の落ち着いた店内は、富良野出身のオーナーが「ふらの牛乳」に着眼し、オリジナルスイーツを提供している。

中でも力を入れているのが、能登産の和栗を使用した「モンブラン」(ドリンクセット1450円〜)。45日間熟成した栗は、糖度が約40度まで上昇。さらに焼き栗にすることで、本来の風味をふんだんに引き出せるという。中にはふらの牛乳を使用した抹茶ジェラートが入り、品の良い甘さが口いっぱいに広がる。

セットドリンクでおすすめなのは、フランス産「マリアージュフレール」の紅茶。定番のアールグレイやルイボスティーベースのマルコポーロを用意。香り高く、単品で味わうのはもちろん、スイーツとの相性も抜群だ。

他にも濃厚なプリンやバスクチーズケーキ、軽食としてグラタンやホットサンドなども用意している。

店内はテーブルが大きく、WiーFiやコンセント利用も可。リモートワークでの活用や、一息つくときにも足を運びたい。

営業時間は正午〜午後7時まで。水・木・日定休。12月26日〜1月6日までは休店のため、ご注意を。


リード着用で犬の同伴も可能


黒が基調の落ち着いた店内

カフェラウンジ シアン山鼻

札幌市中央区南19条西12丁目1‐12 ☎080・9282・9444