「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > クラス

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラス
取材日:2018年8月

写真大 都会的でスタイリッシュな外観

写真 明るく広々としたエントランス 写真 窓を大きく取った開放的な室内

柔軟な提案力でオーナーからの信頼を獲得

 分譲マンションのような外観と住み心地の良さを両立した物件を提供する「クラス」。
 手がける全物件の設計・デザインを監修するのが小林英司社長。一級建築士と一級建築施工管理技士の資格を持つ道内でも希有な存在だ。1棟の物件に対して複数のプランを描き、オーナーからは「クラスに相談したら考えもしなかった柔軟な提案をしてもらえた」という声も多いと言う。
 物件の特徴は一戸の広さを十分に確保している点。入居者の満足度をできる限り高められるような設計を心がけている。
 設備面では、ウオークインクローゼットや1坪のユニットバス、アイランドキッチン、浴室乾燥機など、入居者が〝できればほしい〟と思う設備を積極的に導入している。
 キッチンや浴室、脱衣所などをバランス良く配置し、デザイン性にこだわると同時に、入居者の生活のしやすさを第一に考えた間取りが好評だ。
 また、築年数が経過しても高い入居率を維持できるように、将来のリフォームを見据えた設計が多い。一戸を広く設計しているため、最近需要が増えているシェアハウスや民泊にもシフトしやすい構造だ。
 土地の需要を満たすことのできる柔軟な対応力も魅力の1つ。超狭小地でのマンション建設や民泊物件、専用ガレージ付賃貸住宅など、敷地面積や土地の特性を考慮した独創的な物件も数多く手がけている。
 管理面の強化にも尽力。〝企画から携わった会社が管理をおこなうのが一番効率が良い〟との思いから7月に管理事業部を立ち上げた。これにより土地の取得、物件の企画、設計、施工に加え、入居者の管理まで自社でおこなえる体制となった。
 また、続く8月には店舗の内装や看板広告のデザインなどをおこなうデザイン事業部を開設し、事業の多角化にも乗り出した。
「土地の需要を十二分に満たすことはもちろんですが、設計した私自身が住みたくなるような物件づくりを心がけています。また、目先の利益を追求するのではなく、長期にわたり利益を出すことのできる物件を今後も提供していきたい」と小林社長は語る。

基本データ

企業名:
クラス
住所:
札幌市中央区南19条西9丁目2­‐37
TEL:
011・533・5002
URL:
http://www.class-kk.jp
アパート経営