「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > エイチ・アールシー

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

エイチ・アールシー
取材日:2019年6月

写真大 札幌市手稲区にある加工センター

写真 津内口 誠社長 写真 加工センターに併設した社屋

鉄筋工事の専門集団。社員の意欲が品質に直結

 賃貸マンションをはじめ、一般住宅やオフィスビル、倉庫、高齢者施設などの鉄筋工事を手がける。
 2002年の創業当初から鉄筋工事一筋に17年、確かな技術で施主から信頼を獲得。現在は年間で300以上もの現場を担い、日々、技術に磨きをかけている。
「建築の核となるのが鉄筋。工事の正確さはもとより、工期を遵守するスピード感も求められます」と津内口誠社長。正確かつ迅速な施工をおこなうため、組み立て前の加工に重点を置いている。鉄筋を建設現場に搬入する前に、自社の加工センターで熟練の鉄筋工が切断や屈曲といった加工や調整を施す。
 高い精度で加工された鉄筋は、現場では組み立てるのみ。品質を維持しながら迅速に完工させる施工体制を築いている。
 業績も堅調で、創業以来、増収増益を継続している。
「年間を通して、常に複数の現場が稼働しています。建物の規模や工期、技能レベルを加味し、人員を配置しています」と津内口社長。使用する鉄筋量をもとにした独自の計算式を取り入れ、現場への投入人員を算出。人員ロスを最小限にし、利益を生み出している。
 利益はしっかりと社員にも還元する。好待遇が社員のモチベーション向上にもつながり、結果的に施工品質を高めるという好循環を生み出してる。当然、離職の抑止にも効果を発揮。事実、33歳の最年少社員は、17年間勤務している。
 今後の課題は新たな人材の獲得だという。津内口社長は「鉄筋工事を含め、建設業はつらそう、厳しそうと若い人から敬遠されています。ただ、現場が疲弊しては品質を担保できません。当社では、残業はほぼありませんし、繁忙期でもしっかり休めます」とアピール。採用に結び付くさまざまな取り組みを模索している。

●代表取締役/津内口誠
●創業/2002年
●事業内容/鉄筋工事一式

基本データ

企業名:
エイチ・アールシー
住所:
札幌市東区北43条東8丁目4‐24
TEL:
011・743・5058
URL:
http://hrc-hokkaido.co.jp/
企業総覧:業種別景況と企業動向2019