ほっかいどうデータベース

宏陽

さまざまな道路工事を手がける

M&A、土地取得、採用…経営資源の拡充を進める

道路改修に伴う仮設ガードレール工事で道内トップシェア。2021年に完成した新東名高速道路の6車線化事業にも参画するなど、道内外で存在感を示している。

「20周年を迎えた今期の業績は、資材の高騰などの影響で少し厳しくなると予想していますが、来年は高速道路のリニューアル工事や北海道新幹線の工事が控えています」と西川秋仁社長。

今年は今後を見据えた〝種まき〟活動に徹している。3月には公共工事を主体とするミナト工業(本社・石狩市)を傘下に収め、グループ会社は3社となった。さらに、年内に2〜3社のM&Aも予定している。

一方、6月には南幌町の晩翠工業団地内の資材センターの隣地約6000坪を取得。資材センターを含めて1万1500坪という広さを生かし、工場や自家消費型の発電所の新設を計画している。

21年に開設した金沢支店(石川県)は、25年に開催予定の「大阪・関西万博」を見据えた出店でもある。

「東京オリンピックでは、当社が開発したセキュリティーフェンスが各会場に採用されました。この実績をもとに万博に提案していきたい」と西川社長。

人への投資も加速させている。今春は大学新卒者を含めて7人が入社。そのうち6人は同社がメインスポンサーの社会人野球クラブチーム「札幌ホーネッツ」の選手だ。スポーツを通じての地域振興にも力を入れている。

また、性別や年齢を問わず、誰もが活躍できる会社を目指す同社では、女性の現場管理者や営業職を起用する方針だ。さらに定年制を設けず、現役時代と同等額の収入を維持し、次世代への技術の伝承も図っていく。

「5年後・10年後を見据え、ソフト・ハードの両面で経営資源を充実させていきます」と西川社長。

西川秋仁社長
札幌新道沿いの本社社屋