ほっかいどうデータベース

ぽぷら社会保険労務士法人

経験に裏付けされたアドバイスで顧客を支援する

労務管理、企業型確定拠出年金(401k)導入支援などの年金関連、助成金制度などあらゆる分野から顧客を支援する「ぽぷら社会保険労務士法人」。和田昌代代表を筆頭に、幅広い知識を持つ専門家が揃う。

和田代表自身は、ソフトエンジニアの経歴やファイナンシャルプランナーの資格を持つ。また、大磯隆社労士はMBAを取得しているほか産業カウンセラーの資格を有するなど、多様なスタッフが在籍。経験に裏付けられたアドバイスで顧客の支持を集めている。

コロナ禍で雇用調整助成金や従業員の雇い止めの相談が増えているという和田代表は「解雇の相談、特に人員整理はさまざまなトラブルが想定されます。事前に就業規則を見直し、常に整備することを推奨します。また、コロナで増加したメンタルヘルス休職者に関しての相談も受けています。従業員の解雇を考える前に一度相談を」と語る。

同法人では社員全員が情報を共有し意見交換を行っている。スタッフが常に最新の情報を把握することで柔軟な提案を可能にしている。こうした取り組みにより、顧客の99%が紹介によるものだ。信頼の厚さを表す証左といえよう。

和田 昌代
わだ・まさよ/国士舘大学を卒業後、ソフトウェアエンジニアとして勤務。会計事務所勤務を経て2007年社会保険労務士登録。12年ぽぷら社会保険労務士法人設立。ファイナンシャルプランナーの資格も持つ。
スタッフは経験豊富な精鋭揃いだ