ほっかいどうデータベース

札幌ばんけいが恒例の花火大会で賑わいを創出

夏の夜を彩った6500発の打ち上げ花火。楽曲とのコラボも

北海道の短い夏を彩る第12回「ばんけい夏まつり大花火大会」が8月1日に開催され、約3000人が花火を堪能。縁日やミュージックフェスティバルなどを楽しんだ。

太陽グループ(本社・札幌)傘下の「札幌ばんけい」(同)が、毎年恒例の「ばんけい夏まつり大花火大会」を札幌ばんけいスキー場で開催した。新型コロナウイルスの影響により、全国で花火大会が中止になるなか「こんな時こそ地域の賑わいに繋がれば」という東原俊郎太陽グループ社長の強い意向で開催に踏み切ったもの。当日は、観客席をブロックに分けて、1ブロック250人に制限。会場入口で検温やマスクの確認などを徹底したほか、会場アナウンスでコロナ対策を呼び掛けるなど万全を期した。

特設ステージでは「ばんけいミュージックフェスティバル」も開催。ばんけい幼稚園、年長組の合唱によるオープニングライブやジミーオールスターズなどの演奏で祭りを盛り上げたほか、花火大会では、新たな試みとして、YOASOBIの「夜に駆ける」などの楽曲に合わせ、打ち上げ花火合計6500発を打ち上げる「音楽と花火のコラボレーション」を実施。会場内には縁日やキッチンカーも用意され、観客は夏の風物詩を楽しんだ。また、NPO法人太陽グループボランティアチームが児童養護施設の子ども30人を招待。楽しいひとときをプレゼントした。

ジミーオールスターズなどの演奏で盛り上げた