ほっかいどうデータベース

富樫歯科クリニック

富樫 和浩院長
とがし・かずひろ/1993年北海道大学歯学部卒業。同年より5年間勤務医。98年米国UCLA歯学部アドバンスドペリオドンティックスコース留学。99年富樫歯科クリニック開設。

通院の習慣化で病状を管理
患者の意識改革にも成功

「歯周病が進行すると歯を支える歯槽骨が溶け、歯が抜け落ちてしまいます。しかし、早期に発見できれば進行を食い止めることができます」 
本格的な歯周病治療を学ぶため、1998年にアメリカの大学に留学。そこで研さんを積んできた富樫和浩院長は〝すべての治療は歯周病治療から〟という理念で診療にあたっている。

同院では無料で唾液検査を行い、歯周病菌の有無や進行の度合いをチェック。症状に応じてスケーリングと呼ばれるクリーニングから、本格的な手術まで実施している。

病状が安定した患者は「SPT」(歯周病安定期治療)に移行。進行を食い止め、安定した状態を長期的に維持するためのアプローチだ。
「痛みや腫れが軽減されても定期的な受診が必要となるため、患者のモチベーションを維持させることが重要です。患者自身の口腔画像や歯周病菌数の推移などデータ化した情報を提供し、〝通院のドロップアウト〟を防いでいます。また、歯周病菌の数が変化すれば、歯磨き粉の選択も変わってきます。セルフケアの面でもデータを活用できます」
この「SPT」で同院に通院する患者は3200人(2020年)を超えるなど、通院の習慣化に成功。また、歯周病や虫歯の重症化を予防する新制度として、厚生労働省が制定した「かかりつけ歯科機能強化型診療所」の認定歯科医院として、予防歯科の重要性を訴えてきたことも患者の意識改革を後押ししている。
なお、「SPT」は歯科衛生士が担っており、5人の歯科衛生士が在籍。丁寧に患者をケアしている。

設備投資にも積極的で、21年にはユニット5台を一新。また、歯周病治療の世界的スタンダードになりつつあるEMS社のバイオフィルム除去ソリューション「GBT」を全ユニットに導入した。従来のクリーニング装置に比べ、歯石などの除去率が向上。患者の不快感も軽減され、治療時間も短縮している。 

治療スタッフは全員が歯科衛生士
ユニットやクリーニング機器を一新。
岩見沢小学校の向いに立地