ほっかいどうデータベース

札幌東徳洲会病院

地上8階地下1階の施設内に325床。札幌新道沿いで、遠方から車での来院も

各疾患に対し、専門的なチームを
構築して治療を実施

札幌新道(国道274号)沿いに位置する「札幌東徳洲会病院」。「生命いのちだけは平等だ」を理念に、全国各地に医療機関や介護施設を展開する徳洲会グループの12番目の施設として1986年に開院。以来、札幌市東部および石狩圏の基幹病院として外来患者が18万人(20年度)に上る。

標榜する診療科は26科。救急搬入実績が7500人(同)を数える救急部門や心疾患部門、消化器部門などのチームを構成して、専門的な診療体制を敷く。さらに不整脈や物忘れ、禁煙といった10種類の専門外来も開設している。

なかでも高い次元で診療体制を敷くのが「がん」「心疾患」「脳疾患」の3大疾病だ。特にがん診療では、北海道がん診療連携指定病院としてあらゆる角度から治療を施す集学的治療を実施。外科手術、抗がん剤治療(化学療法)、放射線治療の3大治療に加えて、緩和治療も行っている。

消化器内科、呼吸器内科、外科、消化器外科、乳腺外科、耳鼻咽喉科、放射線治療科、病理診断科など複数の診療科が連携するのも特徴。それぞれの科の医師や看護師に加え薬剤師、管理栄養士、理学療法士などのリハビリスタッフ、社会福祉士などがチームを組んで治療を行う体制が築かれている。PET─CTをはじめ放射線治療機器など、検査および治療機器も充実。早期発見や的確な治療をサポートしている。

一方、心疾患に対するのは循環器内科と心臓血管外科で構成されるハートチームだ。両科の医師、看護師のほか、検査技師、放射線技師、臨床工学士などが密な連携を取って24時間体制で対応。同院が誇る道内屈指の救急搬送件数を下支えしている。

また、手術法も患者の負担が少ない先進的な術法を取り入れており、MICS(低侵襲心臓手術)のほか、重症大動脈弁狭窄症に対するTAVI(経カテーテル大動脈弁留置術治療)や僧帽弁逆流症に対するMitraClip(経皮的僧帽弁カテーテル修復術治療)などを導入済みだ。

脳疾患では、脳神経外科が1次脳卒中センターとして機能。脳動脈瘤クリッピング術、開頭血腫除去術、頸動脈内剥離術など20年は138件の手術を実施した。血管内手術も行える体制を築き、脳血管疾患のほか、脳挫傷、頭部外傷、認知症などさまざまな疾患に対応している。

太田智之院長
PET‐CTなど医療機器も充実。がんの早期発見につなげている