ほっかいどうデータベース

うめつ内科 糖尿病・内分泌クリニック

梅津 正明院長
うめつ・まさあき/1997年岩手医科大学医学部卒業。99年北海道大学第2内科(糖尿病・内分泌分野)入局。2007年同大大学院医学研究科病態制御学専攻博士課程修了後、08年北海道医療センター糖尿病・脂質代謝内科。10年開業。日本糖尿病学会認定糖尿病専門医。

早期検査と治療を徹底。合併症の予防にも全力

生活習慣病の早期発見と治療に尽力している梅津正明院長。長年の経験と知見を活かし、患者の負担軽減に努めた治療に定評がある。
「健康診断の結果に異常があっても治療を受ける程ではないと考えている人は多い。特にコレステロールの異常は遺伝性の場合もあるので、家族歴がある人は注意が必要です」と梅津院長は警鐘を鳴らす。

各種検査をはじめ、血糖値に対しては「糖負荷試験」を積極的に行うことで、病気の早期発見に努めている。
治療の主軸は生活習慣の改善。患者に無理させず治療を中断させないように、病態や進行度に応じて治療方法を提案している。

また、合併症の予防にも注力。血管の機能検査や画像検査で定期的に動脈硬化の状態をチェックし、心筋梗塞や脳梗塞などの予防に努めている。
「合併症は発症させると医療費の負担が大きくなってしまいます。早期発見、早期治療がおすすめです」と梅津院長は語る。

明るい雰囲気の待合室