ほっかいどうデータベース

吉田眼科

網野 泰文院長
あみの・やすふみ/1996年山梨医科大学(現山梨大学医学部)卒業。北海道大学眼科入局。北海道大学病院、北海道がんセンター勤務等を経て、2006年吉田眼科副院長、07年同院長に就任。日本眼科学会認定眼科専門医。

自覚症状が現れづらい「緑内障」の早期診断に尽力

「吉田眼科」は1959年に開業。以来、60年以上にわたり、札幌の中心部に隣接する西創成地区の〝かかりつけ医〟として治療にあたっている。
網野院長は吉田テイ初代院長の甥にあたり、2007年から2代目院長に就任。北海道大学病院や北海道がんセンターなどでの勤務医時代を含めて幅広く眼科疾患の治療に携わり、豊富な経験を有している。

眼科疾患は一般に初期の自覚症状がはっきりせず、加えて病状の進行もゆるやかで気づきにくいという特徴がある。
緑内障もそうした症状の代表例で、近年では患者数が増加している。
「高齢者に多く見られますが、加齢だけが原因ではなく、多くの要素が影響していると考えられています。ただ、強度の近視の人、家系に緑内障の人がいる人、糖尿病など基礎疾患がある人は要注意です」と網野院長は説明する。
見える範囲が狭くなったり、見えている範囲の中に見えづらい部分があるのが一般的な症状。放っておくと失明に至る場合も。こうした症状に気付いたらまず詳しい検査を受けることが肝心で、人間ドック等で何らかの異常が指摘された場合は、専門医の検査を受けて早期に治療につなげるべきだという。
「緑内障は眼球内の圧力(眼圧)によって視神経が障害される疾患ですが、診断や経過観察には眼圧検査だけでなく、視野検査や視神経の画像解析も行います」(網野院長)
緑内障と診断されると、多くは目薬によって眼圧の値を調整し、低下させていく治療が施される。ただ、こうした治療の効果は明確に実感しづらいところがあるので、気長に続けて症状の進行を遅らせることが肝要とされる。

吉田眼科では各症状に対応する検査機器を整備しており、その結果から適切・正確な治療を行っている。
アクセスも市電「山鼻9条」前で、地下鉄南北線「中島公園」駅から近くて便利だ。

視能訓練士による視野検査
札幌市電「山鼻9条」前に立地