ほっかいどうデータベース

さっぽろ麻生乳腺甲状腺クリニック

亀田 博院長
かめだ・ひろし/1980年北海道大学医学部卒業。同大学第1外科入局。小児外科・乳腺甲状腺外科の診療と研究に従事。2001年麻生乳腺甲状腺クリニック開業。日本乳癌学会認定乳腺専門医。日本外科学会認定外科専門医。医学博士。

罹患数が増えている「乳がん」治療で厚い信望

「さっぽろ麻生乳腺甲状腺クリニック」は、2001年10月に開業。以来、乳がん・甲状腺疾患の早期発見・治療に努めており、今年で開院20周年を迎えた。
亀田博院長は日本乳癌学会の乳腺専門医で、アメリカ臨床腫瘍学会にも所属。常に新しい医療情報を入手し、日常の診療にあたっている。

乳がんは、がんのなかでも日本女性がかかる割合(罹患率)がトップを占め、その罹患数は増加の一途をたどっている。
「戦前では100人に1人、1950年代では50人に1人の発症率でしたが、現在では9人に1人となり、ワースト1位である米国の6人に1人に近づきつつあります。治療技術は進歩していますが、やはり検診による早期発見が症状の深刻化を防ぐ第一の手段です」と亀田院長。

最近では新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、がん検診の受診者数が全国的に低下しており、同院でも手術件数が通常時の1割減の状況。コロナ後は進行がんとなって見つかる割合が増えるのではと危惧している。
「乳がんは未だに発症要因が明確ではありませんが、女性ホルモン、遺伝子要因、欧米型の食生活、過度の飲酒・喫煙などとの関連性が言われています。コロナ禍でも、検診は控えることなく必ず受けてください」と亀田院長は警鐘を鳴らす。

同院の乳がん検査は3Dマンモグラフィー(乳腺X線撮影装置)とエコー(乳房超音波検診器機)を併用。より詳細な病変、転移などの発見率アップに努めているほか、検診で異常が見つかった場合は、精密検査を実施している。
「昨年から保険適用となった遺伝子検査も行っています。少量の血液採取で検査できますので問い合わせください」(亀田院長)

同院では、検査部門に有資格者の女性スタッフを置いているほか、インターネットによる受診予約も実施。また、院内消毒など感染対策を徹底して治療にあたっている。

クリニック東側すぐそばに専用駐車場を完備
「3Dマンモグラフィー」。女性技師が検査を実施
乳房超音波診断装置の「エコー検診機器」