ほっかいどうデータベース

札幌駅前樽見おしりとおなかのクリニック

樽見 研院長
たるみ・けん/1991年札幌医科大学卒業。札幌いしやま病院副院長、札幌いしやまクリニック院長兼任などを経て、2016年同クリニック開院。日本大腸肛門病学会認定大腸肛門病専門医。日本外科学会認定外科専門医。医学博士。

早い社会復帰をめざす「痔」の日帰り手術を実施

「痔」は肛門の病気の総称で、痔核が脱出する「いぼ痔」、肛門の皮膚が裂ける「切れ痔」、肛門の周囲に膿瘍をつくる「あな痔」が三大疾患として知られている。
樽見研院長はこれらの手術を日帰りで行っている痔を専門とするドクターだ。

麻酔では局所麻酔もしくは仙骨硬膜外麻酔を使用。そのため、麻酔による合併症がほとんどなく、局所麻酔で行えば術後すぐに帰れるのが特長。仙骨硬膜外麻酔の場合でも、2〜3時間ほど休めば帰宅できる。

「いぼ痔の中でも手術するほどではないが薬では治らないものは、切らずに治すALTA注射療法(四段階注射法)を行っています」
ALTA注射は、決められた手技の講習会を受講した専門医でなければ治療できず、樽見院長はその資格を有し、また技術を指導し資格を与える立場にある。

ほかにも、胃・大腸の内視鏡検査(カメラ)や、大腸ポリープの日帰りポリープ切除、胃のピロリ菌検査も行っているので問い合わせを。
アクセスはJR札幌駅南口前と交通至便だ。

快適な排便を取り戻す痔の手術