ほっかいどうデータベース

池田熱処理工業

三次元座標測定器

厳格な検査体制で高品質と顧客満足度を追求

「池田熱処理工業」は、金属部品の耐久性向上に用いられる熱処理加工の分野で道内トップクラスの技術と実績を有する。主に歯車やクラッチ板などの仕上げを手がけ、大手自動車メーカーから絶大な信頼がある。

業界に先駆けて品質向上にも取り組み、最新機器を導入して検査をおこなう。

「熱処理はメッキなどと異なり、目視で判断できません。品質管理が重要ですが、従来は人の手作業に頼ったアナログな方法が主体で、多くの製品を均一に検査するには限界がありました」と池田隆久社長。

例えば「三次元座標測定装置」は、短時間で安定したデータが得られ、人による誤差を極限まで低減。また「デジタルマイクロスコープ」は、高画質なだけでなく、機能も充実しており、迅速な検査が可能。

「見えない部分にも投資することが、顧客からの高い信頼につながっています」と池田社長。

デジタルマイクロスコープ