ほっかいどうデータベース

〝お、ねだん以上。〟の味を提供。ニトリダイニングが2号店

3月18日にオープンした1号店

ニトリホールディングス傘下のニトリパブリック(本社・札幌市、荒井功社長)が手掛けるニトリダイニング「みんなのグリル」。4月27日には神奈川県に2号店を出店した。

ニトリダイニング「みんなのグリル」は、味も価格も満足してもらうことがコンセプト。看板メニューの「チキンステーキ」500円をはじめ「チキングラタン」500円、「ハンバーグステーキ」700円(全て税込)などを取りそろえ、テイクアウトも可能。まさに〝お、ねだん以上。〟の味わいで価格を気にせず楽しめると評判だ。

3月18日、東京都足立区にオープンした1号店の「環七梅島店」は、ニトリ梅島ショッピングセンターの敷地内に40坪50席を設けたファミリーレストランで、ニトリと同様にチェーンストア理論に基づき、商品の統一や原材料の仕入れ、オペレーションの効率化を実施して、低価格かつ高品質を実現。メニュー開発には、ニトリパブリックが小樽市で運営する「グリル銀鱗荘」のシェフらもアドバイス。ステーキ皿やグラタン皿、スキレット鍋などはニトリ商品が使用されている。

4月27日には神奈川県相模原市のニトリモール相模原店に隣接する敷地に2号店「相模原店」をオープン。高い話題性もあり、にぎわいを見せている。

看板メニューのチキンステーキは500円(税込)