ほっかいどうデータベース

「北7条ごうだ整形外科」が4月1日に開院

42台分の駐車場を完備

北7条ごうだ整形外科(札幌市中央区北7条西24丁目1‐24)が4月1日に開院した。
これまで展開していた岩見沢市内の医院と合わせ、2院体制で治療にあたっていく。


医療法人社団GOZEN(合田猛俊理事長)が、2016年に岩見沢市に開院した「ごうだ整形外科」。合田理事長は整形外科分野の全身疾患に精通しており、ペインクリニックや心療内科的な側面からも症状にアプローチしている。
近年は札幌から訪れる患者も多く、札幌での開院希望が増加。要望に応える形で新クリニックを開院した。

クリニックは1階がフリー Wi‐Fiを完備した待合室、3つの診察室と処置室、2階にはリハビリ室、レントゲンとMRIを設置した検査室、手術室などを構えている。

MRIは道内初導入となる立位・荷重位で筋骨格の撮影が可能な新型機器を導入した。
「症状の多くは体重負荷がかかった時に発生するため、立位姿勢での検査が有効。通常のMRIでは観察できないような病態まで検査できます」と合田理事長。
また、リハビリ機器にはAIを搭載した「バイオサーキット」も導入している。
診療はネット予約が可能。詳細はhttps://sapporo-goda.com/まで。

立位姿勢で撮影する新型のMRI
合田猛俊理事長