ほっかいどうデータベース

北開技研工業

施工を手がけた新石垣島空港ターミナルビルの屋上

高耐久と高断熱。ワンランク上の防水施工が好評

アスファルト防水は、防水性能や耐久性能が優れており、業界で主流となっている工法。雪が多い北海道では特に信頼性が高い。

この工法を得意としているのが1978年に札幌市で創業した「北開技研工業」だ。函館支店と関東支店を構え業務を展開。耐火・断熱性能を高めたアスファルト防水「HT工法」では特許も取得した。

また、ビスなどの金具を自社開発し、接着剤が使えない屋根に断熱材を固定する工法も編み出している。

専門は主に新築のビルや施設、マンションの防水工事で屋上や内部、地下、外壁などを手がけた。

全国各地で豊富な施工実績があり、新石垣島空港(沖縄県)や、函館空港の新ターミナルビル、札幌市民ホール、北洋大通センターなど大規模な建造物を数多く施工している。

こうして培われた膨大な技術力はマンションの改修工事にも生かされている。

建物の価値を維持するため、ワンランク上の施工プランの提案を心がけており、下地と防水面の間に成形板を挟んだり、断熱材をより厚みのあるものに交換するなど、高耐久や高断熱性能などを付加した防水工法を推奨する。

「近年は品質を重視するお客さまが増えており、利用が拡大しています」と中川健社長。

もちろん漏水面を集中的に補修するなど、コスト重視のプランも同時に提案してくれるので安心だ。

また、老朽化が著しい場合は屋上の一部を取り壊すような大規模な施工にも対応。新たな工法に見直すことで、建物の長寿化も図る。

このほか、予算に合わせて屋上緑化システムの提案もできる。

近年は技術を海外に伝えるため、カンボジアから3人の技能実習生を招いた。

「主にシーリング分野を学ばせています。新興国は防水分野が未成熟で経済成長を阻害しています。当社の技術を生かしてほしい」と中川康専務。

さらに、業界に先駆けてアスリート雇用も開始。社会人野球チームに加入する男性を社員として採用した。

「当社の顧客はリピーターが多いため、技術の伝承や若手の育成で企業の永続化に取り組んでいます。偉大な諸先輩が築き上げた道内の防水業界をさらに発展させられるような企業に成長していきたい」と中川社長。

中川健社長
中川康専務
札幌市豊平区の本社