ほっかいどうデータベース

バンキン

塩ビ鋼板防水を施工した屋上(上)と施工前(右下)

塩ビ鋼板防水を得意とする屋根・外壁修理のプロ集団

2015年創業の「バンキン」は屋根防水工事や外壁修理の提案から施工までをワンストップで対応する。マンションを中心に、大型施設やビルなど幅広く手掛けており、昨年からは戸建住宅にも本格的に参入している。経験豊かな建築板金技能士が数多く在籍しており、札幌市内とその近郊をカバー。高い技術力は多方面から好評を得ている。

なかでも同社が得意とするのが、塩化ビニル鋼板を用いた屋根の防水工事(塩ビ鋼板防水)だ。アスファルト防水やシート防水などさまざまな工法が存在するが、他に先駆けてこの塩ビ鋼板防水を導入したのは同社が道内初。防水技能士の免許を持つ板金職人のみが施工可能で、全国でも4社しかおこなうことができない特殊工法だ。10年程前から全国的に普及し始め、コンビニや札幌市営地下鉄の出入り口建屋の屋根でも同工法が使用されるようになった。

素材は高い強度を誇る鋼板に耐腐食性のポリ塩化ビニルをコーティングした「塩化ビニル鋼板」。鋼板は温度変化で伸縮するため、10平方メートル以下にカットして敷設し、つなぎ目には塩ビシートを用いて伸縮によるゆがみを予防している。既存の防水加工の上から施工できる汎用性の高さもメリットだ。

もう1つの特徴が〝点検作業が容易〟な点だ。ひび割れや剥がれがなく、万が一穴が空いた場合でも、穴の周囲がへこむため他の工法と比べて補修箇所が目視で判別できる。修繕の際は破損部分のみを切り取って交換できるため、施工時間の短縮やコストの削減にも効果的だ。

業績も好調で20年11月には手狭になった事務所を移転しオフィス機能を向上した。「移転により機動力が強化され、万全のサービス体制が整いました。屋根は雨風や雪、夏場の日差しなど、過酷な状況に日々さらされているためメンテナンスは欠かすことができない。アフターフォローも迅速に対応します」と川又寧社長は話す。

施工後の保障として10年間は無料点検と修理をおこなっている。定期診断に加え、台風や地震など大きな災害があった際にも点検を実施。異常を発見した場合は即座に修繕対応している。

川又寧社長
戸建住宅の屋根葺き替え工事の様子