ほっかいどうデータベース

おくしば眼科

奥芝 詩子院長
おくしば・うたこ/1984年東京女子医科大学卒業。札幌医科大学眼科勤務を経て、92年から市立札幌病院に勤務。2010年から同院眼科副部長。16年9月おくしば眼科開業。日本眼科学会認定眼科専門医。

治療のドロップアウトを防ぎ、視機能の維持に努める

「コロナ禍の中での診療も1年以上になりました。当院の患者さんには高齢者や持病を持つ人も多く、受診回数と手術時期の調整、処方箋の郵送対応など、治療を中断せずに視機能を保つ取り組みに注力しています」と奥芝詩子院長。

奥芝院長は網膜・硝子体センターとして高い実績を誇る市立札幌病院眼科で副部長を務めた人物。難治症例に対する硝子体手術を数多くおこなってきた。

加齢黄斑変性の早期発見に欠かせないIA(インドシアニングリーン蛍光造影)には草創期から携わるなど、検査における知識・経験も豊富。その奥芝院長が「短い待ち時間と少ない通院回数で質の高い検査・治療を提供したい」との思いで開業したのが「おくしば眼科」だ。

同院には加齢黄斑変性や糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症などの網膜疾患の治療を求めて、近隣はもちろん、遠方からも多くの患者が訪れている。

網膜疾患の診断から治療までを1日でおこなう体制を整え、通院負担の軽減に尽力するほか、治療の精度を高める新型の「超広角眼底撮影機器」を導入。より詳細かつ迅速な診断が可能になり、患者の負担も減少した。

白内障手術は傷口が小さく患者の負担が少ない「極小切開無縫合手術」で執刀する。手術後の視機能を左右する眼内レンズの選定にも注力し、患者が思い描くライフスタイルに合った度数を選択するために、手術前には充分に話し合うように心がけている。

奥芝院長は「開業から4年半が過ぎ、当院の診療スタイルは定着してきたように思います。疾患の説明や治療方法などは、資料を用いながら丁寧にお伝えするようにしています」と〝患者ファースト〟の診療を徹底している。

さらに治療を続けていくための重要性と取り組みに関して奥芝院長は「白内障は手術により生活の質を大きく改善することが可能ですが、緑内障は初期の自覚症状が乏しく、治療を続けるモチベーションを保つのが大変です。加齢黄斑変性や糖尿病網膜症では治療を中断すると視力が低下することもあります。当院ではスタッフ一同、検査結果や経過を患者さんと一緒に共有していくことで〝治療のドロップアウト〟を防ぐようにしています」と語る。

白内障手術は難症例にも対応
迅速な連携と明るい対応が評判のスタッフ